カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
RSS

NOCタグってなに??

NOCマークは、認証された無農薬有機栽培綿を100%原料として使い、糸や布地の生産および最終製品の加工の段階まで、NOCエコ加工基準に沿って、化学的な処理をせずに仕上げられたことを示します。

「NOCエコ加工基準」

1. 正統な認証機関が証明した有機栽培綿
  オーガニックコットンを 常に100%使用する。
  一般綿とは、いかなる理由があっても 混合しない。

2. 化学合成繊維との交織、交編はしない。
  ただし製品機能上伸縮性が必要な場合はスパン糸の混用規準を
  15%程度とし、混用内容はすべて表示する(靴下、肌着等)。
  異種天然繊維との交織、交編は有機認証のあるものに限り、
  混用限度を40%とする(ウール、シルク、麻等)。

3. 綿本来の性能以上を求めた化学処理「薬剤による機能増強加工」はしない
 (機能増強加工とは漂白、化学的染色、捺染、防縮、柔軟等を示す)。
  草木染め等 安全性が確認された天然染料での染色はできる。

4. 製品加工工程上、必要とされる化学合成の補助剤は常に最小限を求める
 (糸のロウ付け、糊付け等)。
  ただし完成品にそれらの材料が残留しないよう十分に洗浄する。

5. 天然素材以外の化学合成の部材の使用規準は、全体重量の10%とし、
  内容をすべて表示する。(芯地、裏地、刺しゅう糸、アップリケ、ファスナー等)

6. スピンドル、ゴムひも、テープ、表示ネーム、ボタンなど付属材料は
  生分解性の観点からできるだけ天然素材を使用する。

7. 縫い糸は、できるだけオーガニックコットンを使う。
  強度的に耐えられない製品については、合成繊維の縫い糸を
  使用できるが部分的最小限とする。
  ただし、漂白、蛍光加工していない 縫い糸を使用する。

8. ぬいぐるみの中綿は、できるだけオーガニックコットンを使用する。
  デザイン、表現上やむをえない場合、一般的に安全性が確認された
  合成繊維(ポリエステル、ナイロン等)を使用できるが、中綿量は、
  一個当たり500g以内を規準とする。ただし、生分解性の観点から
  天然繊維(パンヤ、とうもろこし繊維、竹繊維等)への転換に
  努力しなくてはならない。

9.Tシャツその他のプリントについては、より安全性の高いインクを使用し、 
  プリントの最大面積は本体面積の10%程度を規準とする。
 (10%の面積とは大人のTシャツで約30センチ四方程度)
  但し安全が確認された天然素材でのプリントの場合はプリント面積の限定はしない。

10. 洗浄の際はエコロジー、健康保持のため化学合成の洗剤を使わない。
 (天然石けん、洗濯石セラミックス、電解水、バイオ洗浄を推奨)

※以上の使用限度を示す数値の許容誤差範囲は3%とする

ページトップへ